住宅塗り替えリフォーム 

サイト内検索浜松市のホームページ制作・スマートフォンサイト・高機能CMSサイト管理画面

外装塗装

トップページ > 外装塗装 > 住宅塗り替えリフォーム > 住宅塗り替えリフォーム

住宅塗り替えリフォーム

こんな症状ありますか?

1.外壁:ひび割れ
1.外壁:ひび割れ -img- 状況

ひび割れが見られます。放置しておきますと大気中の炭酸ガスや水の侵入によりコンクリートの中性化を促進させたり漏水の原因になります。

原因

ひび割れが見られます。放置しておきますと大気中の炭酸ガスや水の侵入によりコンクリートの中性化を促進させたり漏水の原因になります。

対策

0.5mm以上のひび割れは、エポキシ樹脂注入時やVカット処理による補修が必要です。0.5mm未満のものはフィラー等のすり込みにて処理します。

2.外壁:モルタルの浮き
2.外壁:モルタルの浮き -img- 状況

モルタルが浮いた状態となっています。そのまま放置しますと剥落等の危険性があります。

原因

建物に加わる外力やひび割れ等からの水分の侵入等により、相互の付着力が低下し密着不良を起こしたものです。

対策

エポキシ樹脂の注入を行う。


3.外壁:チョーキング
3.外壁:チョーキング -img- 状況

塗膜のチョーキング(白亜化)が見られます。これは塗膜の初期劣化状態で素地の保護機能が失われつつあります。

原因

熱、紫外線、風、雨などのために塗膜が劣化し、塗膜表面が次第に粉状に消耗して行く現象が起こった為です。

対策

塗替による素地の保護機能と美観の回復が必要です。塗り替え修時には入念な素地調整をした後、耐候性を考慮した使用による塗装を実施してください。

4.外壁:ひび割れ補修跡
4.外壁:ひび割れ補修跡 -img- 状況

シーリング材の充てん箇所が汚れ、建物の美観を損ねています。

原因

塗膜表面に移行したシーリング材中の可塑剤(シーリング材に柔軟性を持たせるもの)に大気中汚染物質が付着したもの。

対策

シーリング材にノンブリードタイプのものを採用し、シーリング箇所上にブリードオフプライマーを塗布し可塑剤の移行を遮断します。


5.外壁:雨ダレ汚染
5.外壁:雨ダレ汚染 -img- 状況

筋状に汚れが付着し、建物の美観を損ねています。

原因

雨水により汚染物質が流され付着したものです。

対策

低汚染型塗料での塗り替えが効果的です。又、汚染物質の滞留を防ぐ為、天端等は平滑に仕上げてください。

4.外壁:露筋(鉄筋露出)
6.外壁:露筋(鉄筋露出) -img- 状況

コンクリートが剥落し、鉄筋が露出した状態となっています。

原因

経年によりコンクリートの中性化が進行し、炭酸ガス等の侵入による発錆鉄筋の体積膨張により、コンクリートが押出され剥落したものです。

対策

周辺部の脆弱なコンクリートを剥り取り、露出鉄筋の防錆処理を行いエポキシ樹脂モルタルなどで修復します。


7.外壁:カビ・藻の付着
7.外壁:カビ・藻の付着 -img- 状況

カビ・藻の付着により美観を損ねています。

原因

カビ・藻の生育条件はおおよそPH中性域及び適度な陽光・温度(25〜30℃)と湿気がある条件のもとで発生するものです。

対策

高圧水洗にてカビ・藻を除去(場合によっては次亜鉛素酸ソーダ水溶液等により漂白)し、殺菌処理の後に塗装を行ってください。

8.外壁:変褪色
8.外壁:変褪色 -img- 状況

塗膜の変褪色が見られ建物の美観を損ねています。

原因

紫外線や雨水等の影響により塗装中の樹脂や顔料が劣化し起こるものです。

対策

紫外線や雨水等の影響を受けやすい箇所には、高耐候性塗料(フッ素、シリコン、ウレタン等)の採用が必要です。


9.外壁:塗膜の浮き、はく離
9.外壁:塗膜の浮き、はく離 -img- 状況

塗膜の密着不良により浮きやはく離が発生している状態です。素材の保護機能の低下が考えられます。

原因

紫外線などの経年劣化による付着低下や雨水等の水分の影響が考えられます。

対策

浮き部等密着不良箇所及びはく離箇所周辺の脆弱塗料を完全に除去し、パターン合わせの塗料に入ります。

10.鉄部:塗膜のはく離(亜鉛メッキ面)
10.鉄部:塗膜のはく離(亜鉛メッキ面) -img- 状況

亜鉛メッキと塗膜の層間でのはく離が見られます。

原因

耐水・耐アルカリ性の弱い塗料では亜鉛層とさび止め層間で金属石けんを形成し、付着力が低下します。

対策

亜鉛メッキ面へは、密着力に優れる変性エポキシ系さび止めを採用してください。


11.鉄部:さびの発生
11.鉄部:さびの発生 -img- 状況

さびの発生が見られます。

原因

鉄が水分や空気中の酸素と反応し、酸化鉄(赤さび)となった状態です。

対策

塗膜の防錆性能は素地の除錆グレードによるところが大きいので塗り替え時には十分なケレンを行った後に塗装を実施するこ事が必要です。

12.屋根:トタン・住宅用ストレート屋根
12.屋根:トタン・住宅用ストレート屋根 住宅用化粧ストレート 屋根の変退色 -img-

住宅用化粧ストレート
屋根の変退色

12.屋根:トタン・住宅用ストレート屋根 トタン屋根の変退色 -img-

トタン屋根の変退色

12.屋根:トタン・住宅用ストレート屋根 サビ・かび・藻の付着 -img-

サビ・かび・藻の付着

状況

かびや汚れが発生している
さびている
塗料が色あせたりはがれたりしている
トタンが浮いている
ストレート板(屋根板が)浮いている

原因

新築の時と屋根の色が違って見えるのは、塗膜が劣化して表面の色があせていったり、酸性雨などの影響で色が変色してしまったりしています。



無料相談・お見積もりいつでもお気軽にお問い合わせください。

053-474-7000
受付時間/8:00〜17:30(土日休み)

無料相談・お見積もり お気軽に
お問い合わせください。

塗料工事(全般)防水工事
TEL:053-474-7000
受付時間 9:00〜17:00(年中無休)
株式会社美化興業

お問い合わせフォーム

お住まいを塗り替える色をイメージしてみましょう


あなたのお住まいの傷みの程度を診断してみましょう