Javascriptが無効になっているため、正常に表示できない場合があります。

シーリング⑤

login

お知らせ

シーリング⑤

~その1~

平素よりお世話になっております。

前回に引き続き、塗装について⑤
今日のテーマは
【シーリング】
シーリングとはサイディング同士のつなぎ目や窓廻りの材料間のスキマを埋めるゴムのようなものです。
役割は、雨水の侵入を防ぐ、あとは建物の揺れを吸収したりととても重要な項目の一つです。

シーリングの不具合はどんなものがあるか?

①シーリング表面の細かいヒビ
これは先にシーリングを打ってから塗装を行う際に起こりうる現象の一つです。
シーリングの弾力に対して塗膜が追従できないためです。

②破断
シーリングが固くなり裂けている状態です。この状態はシーリングとしての役目は果たしていませんのですぐに打ち替えが必要となります。

③サイディングとの間にスキマがある
これはシーリングの耐久年数を超えて接着が切れている状態です。これもすぐに打ち替えが必要となります。

④シーリング自体がやせ細っている
年数が経つと劣化して肉痩せしていきます。ゴムというより硬くなりヒビも入りやすくなり、こちらもすぐに打ち替えが必要となります。

早速、お家の状態を確認してみましょう!上記の状態が見つかったら雨漏り危険のサインです。
シーリングはまだ伝えたいことがあるので本日はここまでにします、次回もシーリングについて書いていこうと思います。


住宅・店舗・アパート、マンション・工場など
塗り替えや雨漏りについてのお問合せは
美化興業HPのお問合せから
又は053-474-7000(平日8時30分~17時)
時間外は080-3733-5554まで
お待ちしております☆彡