Javascriptが無効になっているため、正常に表示できない場合があります。

外壁のチェックポイント⑦

login

お知らせ

外壁のチェックポイント⑦

~その1~

平素よりお世話になっております。

本日は、塗装について⑦
【外壁のチェックポイント】について書いていこうと思います。
窯業系サイディング、モルタル外壁ではセメントが主成分であり、このような外壁ではクラック(ひび割れ)を見れば劣化状態が分かることもあります。クラック(ひび割れ)になる要因としては、
◆雨風や紫外線などの経年劣化
◆地震や車などの振動
◆地盤や建物のバランスが悪い
それ以外にも様々な原因がありますが、雨漏りにつながるなど建物に重大なダメージを与えることが多いので調査は必須です。

クラック(
黄色い線は外壁調査で足場を組んで実際に数量調査をして図面におこします。)

クラックは深さと幅により大きく分けてヘアークラックと構造クラックの二つとなります。
≪ヘアークラック≫
髪の毛くらいの細かいクラックで幅が0.3㎜以下のものを指します。上記写真は0.3㎜以上あるので該当しません。ただ細くても水が入りやすくなり、よく膨れているところはヘアークラックが原因だったりします。
≪構造クラック≫
幅が0.3㎜以上になる場合は構造クラックとなります。貫通クラックとも呼ばれていて基材に深く入り込んで構造材に影響を及ぼす可能性もあります。もともとヘアークラックが構造クラックに進行する場合もありますが、建物の歪みや不動沈下に起因して生じる可能性もあります。いずれにせよ早急に対応する必要があります。
補修方法はVカット、Uカット工法となります。

Uカットの作業中


Uカット後にプライマーを塗ります


シールを充てんしています


まだまだ終わりません
ここからモルタルを塗る前に補修用プライマー塗ります


モルタル充てん、フラットにならします


モルタル充てん完了♪ここから上にまわりの模様と同じになるようにガラづけします


というように、塗装といっても塗装前の外壁補修も大切なポイントとなります。

お家の外壁にクラック(ひび割れ)があるかないか確認してみましょう。
今日は外壁のチェックポイントの中でもよくある補修Uカット(Vカット)についてでした。
住宅塗り替えの冊子もありますので、よくわからない方は下記までお問合せください♪

住宅・店舗・アパート、マンション・工場など
塗り替えや雨漏りについてのご相談・お見積り、診断は
美化興業HPのお問合せから
又は053-474-7000(平日8時30分~17時)
時間外は080-3733-5554(いつでも可)まで
お待ちしております☆彡