Javascriptが無効になっているため、正常に表示できない場合があります。

塗料について⑨

login

お知らせ

塗料について⑨

~下塗り編~

平素よりお世話になっております。

本日は、塗装について⑨
【塗料について】お伝えしようと思います。
塗料は本当に種類がたくさんあり、塗料メーカーさんも多くあります。
まずは塗装の工程について説明していきます。

◆下塗り
・下塗りは外装材と上塗り塗料を密着させるため
・外装材の色を隠し、上塗りの発色を良くするため
・上塗りの塗りムラの抑制
↑これは塗膜が劣化した外装材は水分を吸収するため、あらかじめ水分を吸い込ませて調整する機能があります。
また上塗り塗料には専用の下塗りを推奨しているメーカーもあります。

下塗りの種類は主に3つ
・シーラー:水分を吸い込みやすいモルタル、窯業系サイディングなど
・プライマー:金属サイディングや鉄部など
・フィラー:厚く塗ることができ、軽微なヒビなどをカバーできる
※微弾性フィラーというものもあり、名前の通り弾力性があるためクラックが入りやすいモルタルなどに使用されます。

といった感じで、下塗り一つとっても家を塗り替えますとなったときに、すべて同じ塗料でできるものではなく、塗る部位によって変わる場合も多々ありますのでご注意ください。

そして、一つご忠告。
下塗りが入ってるかどうか、下塗りを抜いて上塗りだけやってないか、しっかりとご確認ください。塗り終わった直後は分かりませんが、数年後剥がれてきたりと、そんな相談が後を絶ちません。塗料は外装材の種類とその劣化状態から工法を選定し、塗料選びますので、この塗料は何でも大丈夫というのはないってことを覚えておいていただければと思います。

今なら抗菌・抗ウイルスマスクケースプレゼント♪
残り僅か、なくなり次第終了です。


住宅・店舗・アパート、マンション・工場など
塗り替えや雨漏りについてのご相談・お見積り、診断は
美化興業HPのお問合せから
又は053-474-7000(平日8時30分~17時)
時間外は080-3733-5554(いつでも可)まで
お待ちしております☆彡