Javascriptが無効になっているため、正常に表示できない場合があります。

塗料について⑩

login

お知らせ

塗料について⑩

~上塗り編その1~

平素よりお世話になっております。

本日は、塗装について⑩
前回に引き続き【塗料について その2】となります。
昨日は下塗りをメインにお伝えしましたが、今日は上塗りです。
上塗りは外壁や屋根を紫外線や雨風から守る他、付加機能や色、ツヤなど多岐にわたります。
◆グレード
アクリル、ウレタン、シリコン、アクリルシリコン、フッ素・・・
◆色の有無
色有り(エナメル)、透明(クリアー)
◆ツヤ(光沢)
全ツヤ、7分、5分、3分、ツヤなし
◆希釈
溶剤(シンナー)、水性(水)
◆硬化剤
1液、2液

上塗り塗料の構成内訳は大きく3つに分けて、塗膜となる【樹脂】、光沢や色をつける【顔料】、性能を高める【添加剤】です。このうち、塗膜となる【樹脂】が上記のグレードにあたり、この種類でランク付けされています。以前はアクリルやウレタンでしたが近年ではシリコンやフッ素が主流となっています。
塗料は固まると塗膜になり、外装材を外部から守ります。この抵抗する力を塗料では耐候性と表記しています。例えるなら、プラスチックが長年経ち劣化し、ボロボロになるように塗膜も紫外線や雨風を受け続け劣化していきます。近年では樹脂の種類や付加機能に応じて劣化速度が異なります。塗料の耐候性の違いは「促進耐候性試験」で数値化されていますので塗料を選ぶ際に参考にしてみてください。


今なら抗菌・抗ウイルスマスクケースプレゼント♪
残り僅か、なくなり次第終了です。


住宅・店舗・アパート、マンション・工場など
塗り替えや雨漏りについてのご相談・お見積り、診断は
美化興業HPのお問合せから
又は053-474-7000(平日8時30分~17時)
時間外は080-3733-5554(いつでも可)まで
お待ちしております☆彡