塗料の種類 

サイト内検索浜松市のホームページ制作・スマートフォンサイト・高機能CMSサイト管理画面

塗り替えをお考えの方に
塗料の種類


 水性系
水性塗料は植物性樹脂を含んでおり、光沢が長持ちするという利点があります。
また水性ですので引火の心配がなく、溶剤系シンナーを含まないので悪臭も発生しません。
住宅地・学校などの施設の改装に最適の塗料です。

 アクリル系
新築のサイディングやALCに多く使われた塗料です。
ラッカーシンナーを使用し、とても臭く、含まれる溶剤の成分から、くらくらするような、
強い刺激をもたらすこともある材料です。
しかし安価なため、リシンと並び、使用率の高い塗料でした。

 ウレタン系
数年前までは、塗り替えに時に使う高級塗料というと、このウレタンが主流でした。
ウレタンという樹脂は密着力も強く、とてもバランスの取れた塗料で、長い実績もあり、製品数も多く、
信頼性の高い材料です。
ただし、近年はシリコン樹脂が主流になり、 シリコン樹脂塗料の価格が下がってきたり、
より高耐久が求められ、塗り替えで使われる頻度が少し減ってきました。

 シリコン系
低汚染性で汚れにくい利点の他に、
塗膜の表面が浸水性と自浄作用(汚れを雨で落とす機能)を持っていますので、
長期に渡って建物の美観を保ちます。
高耐候性で長持ちしますので、メンテナンスの時期を伸ばすことが出来ます。

近年、一番使用されている塗料です。

 フッ素系
フッ素塗装は、汚れや水・油など他の物質と反応しない性質を持つフッ素樹脂を、
表面に塗付したものです。汚れがつきにくく、油や水なども吸収しにくいため、
表面の美しさを長く保つことができます。 またメンテナンスの期間も長く安心です。
しかし、コスト面では費用がかかる塗料であります。

 光触媒
最近もっぱら話題の光触媒は本当にさまざまな利点がございます。
防汚効果としてセルフクリーニング効果、抗菌作用として光を当てることによって、
雑菌を分解しカビを防ぎます。
また空気清浄効果や水質浄化効果があり自然を大切にする(守る)効果があります。


○さらに詳しくお調べしたい方は、以下のサイトでご確認下さい。
① 日本ペイント(株)  
http://www.nipponpaint.co.jp/index.html

② 大日本塗料(株)  
http://www.dnt.co.jp/

③ 菊水化学工業(株)
http://www.kikusui-chem.co.jp/

④ 東日本塗料(株)
http://www.hnt-net.co.jp/index.htm

⑤ 日本特殊塗料(株)
http://www.nttoryo.co.jp/

⑥ 大日化成(株)
http://www.dainichikasei.co.jp/

⑦ アトミクス(株)
http://www.atomix.co.jp/home.html

⑧ 大同塗料(株)
http://www.daido-toryo.co.jp/top.htm

⑨ オリエンタル塗料(株)
http://www.oriental-toryo.jp/

⑩ 神東塗料(株)
http://www.shintopaint.co.jp/

無料相談・お見積もりいつでもお気軽にお問い合わせください。

053-474-7000
受付時間/8:00〜17:30(土日休み)